ゲット アウト 解説

Add: binilehi36 - Date: 2020-11-28 03:57:28 - Views: 5689 - Clicks: 9632

ゲット・アウト()の映画情報。評価レビュー 2808件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:ダニエル・カルーヤ 他。『パラノーマル・アクティビティ』シリーズなどを手掛けてきたプロデューサー、ジェイソン・ブラムが製作に名を連ねたスリラー。恋人の実家を訪ねた黒人の青年. 【映画】ゲット・アウト 何かがおかしい あらすじ 予告 感想 ストーリーネタバレ 解説 鹿の意味 ゲットアウトの意味 フラッシュの意味 ジョージナの涙 まとめ あらすじ ニューヨークで写真家として活動している黒人のクリス(ダニエル・カルーヤ)は、週末に恋人の白人女性ローズ. 映画「ゲットアウト」」は、の年アメリカのホラー映画。 付き合っている白人の女の実家にアフリカ系アメリカ人の彼氏が訪れると、そこで想像を絶するような恐怖体験をすることになる。 というストーリー。. 「ゲットアウト」が公開されました。 メインストーリーについてのネタバレは別記事に記載しているため、こちらでは触れきれなかったこと、および前回全く気づかなかった伏線について拾い書きしておきます。 ゲット アウト 解説 とはいってもほとんどがブルーレイ版監督コメンタリーで触れられていること. 母・ミッシーがカウンセリングをおこない、「フラッシュが引き金で発作を起こし、攻撃的になっただけだ」という診断を下します。 ローガンは元の温和な人物に戻りました。 やはり居心地が悪いと思ったクリスは、ローズと共に湖畔へ移動します。 そこでローズに、嫌なことを思い出すから早く帰りたいと、クリスは言いました。.

See full list on cinemarche. See full list on hm-hm. 06 hellothailand 【ネタバレ&内容】映画『ゲットアウト(原題:Get Out)』恋人の実家へ挨拶に行ったら、とんでもなく恐ろしい家族だった。. そして、この作品は、1回で終わりにせず、是非2周目以降のリピートを強くおすすめしたいのです。一度ストーリーの全容を把握した後、もう一度最初から各キャラクターの何気ない仕草やセリフ、服装などをよーく観察してみて下さい。もう、登場人物の一挙手一投足に、「ああ、、そういう意味があったのか!」と符に落ちますので。 たとえば、いくつか例を挙げてみましょう。 まず、序盤のシーンから。アーミテージ家へ向かう道中、車を運転するのはクリスではなく、恋人、ローズでした。これって、違和感を感じませんでしたか? 引用:『ゲット・アウト』予告編 - YouTube クリスも、ラストシーンで車の免許は普通に持っているのですが、敢えて、ローズが運転するのですね。それは、クリスがアーミテージ家にとって「出荷前の商品」だからなのです。オークションを前に、商品価値を落としたくない。だから、ローズが大事に運ぶのです。また、アーミテージ家の家族たちが、クリスに執拗に禁煙を迫るのも同じ理屈ですよね。 あるいは、アーミテージ家でクリスが出会う奇妙な黒人たち。彼らは、全員白人の脳を移植手術されているのですが、その証拠に、彼ら. 映画レビュー. (C) UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved 映画「ゲット・アウト(GET OUT)」予告編より引用 実は、鹿を車で轢いて殺してしまったシーンには重大な意味があるんですよね。 「轢き逃げ」と聞くと、本作の中で何か思い浮かぶものがありませんか? そうなんです。クリスの母親の死に関係しているのです。 クリスの母親は「轢き逃げ」が原因で命を落としています。クリスはそのことに関して深い悲しみと大きな後悔を抱えています。つまり、鹿を轢き殺すという事案をトリガーにして、クリスに母親の死を思い出させようとしているんですよね。 つまるところこの鹿との事故の場面ですでにアーミテージ家による作為が絡んでいるんですよね。 この一件によって、「鹿=轢き逃げ=母の死」というリンクがクリスの中に生まれたのです。クリスが”SUNKEN PLACE”に沈んだときに「鹿」のイメージを見たり、クリスが閉じ込められた部屋に「鹿」の頭部のはく製があったのは、これが理由なんですよね。 つまり、催眠術はこの時点で既に始まっていたんです。 ちなみにですが、終盤にクリスが車で逃走す. 2 ネット上の感想や口コミ.

See full list on asumi. アメリカ人にとって人種問題は、ぼくら日本人が考えるものよりはるかに身近で切実な課題だし、衝突しながらも米国は前に進んできた。年代にはヒスパニック系、黒人、アジア系、ダブルなどの有色人種が人口比で白人を逆転し、多数派になると予想されている。それは明るい未来なのか、そうではないのか。『ゲット・アウト』はこのような世相にハマッたのだ。 恋人ローズの母親はティースプーンを使った催眠術を操るのだが、これも海の向こうの観客が観ると笑いのツボになる。銀のスプーンをくわえて生まれてきた赤ん坊は裕福で幸せになれるという言い伝えがあるため、ヨーロッパでは出産祝いにしばしば銀のスプーンが贈られる。ローズの家も確かにお金持ちなのだけれど、その富はどこから得たものなんだよっ、というわけだ。 完成間際の年の暮れ、ピール監督も予想していなかった事件が起こる。現状と未来に不満を抱く白人層の支持を背景に、世界の融和に異を唱えるドナルド・トランプが第45代アメリカ大統領に当選してしまったのだ。熟考のすえ、ピールはラストシーンを撮り直した。 ソフトの特典映像に解説付きで収録されているけれど、もとのそれはオバマの時代でもダメだった現実を皮肉るような救いのないものだった。就任前から攻撃的な言辞をくり返し、その痛快さが人気の一因にもなっていたトランプ政権の誕生を受け、公開版のエンディングは希望を与えるものに変えられている。 世界はさらに悪くなるかもしれない。黒人と白人、双方の感情が理解できるピールは、自由を求めるひとへエールを送る幕切れにしたかったのだろう。ホラー映画だけれど、それだけではない。『ゲット・アウト』は幾重もの味わいがある作品だ。. 映画『ゲット・アウト』()伏線の考察!GetOutの意味?黒人差別?。私の評価は記事内のみ掲載。皆の平均評価・映画情報. ゲット・アウト; program. 本作「ゲットアウト(GET OUT)」は最低でも2回は見ないとその真髄を味わえ切れない映画であると感じています。 1回目はただただ翻弄されて、そして2回目に初めて本作の真の「怖さ」が分かるのです。 ホラー映画って普通は1回目が一番怖いんですよね。そりゃ当たり前ですよね。ギミックや仕掛け、展開が分かればその「怖さ」は半減します。 しかし、「ゲット・アウト(GET ゲット アウト 解説 OUT)」という作品に関しては、見れば見るほどに「恐ろしさ」が増していきます。登場人物のセリフの一つ一つ、行動の一つ一つに隠されたどす黒い感情が見え透いて、本当に鳥肌が立つのです。 1回目よりも2回目の方が、2回目よりも3回目の方が、恐ろしい。映画「ゲットアウト(GET OUT)」は、そんな特殊なホラー映画なんですよね。 皆さんもぜひ繰り返し鑑賞して、その恐怖を体感してみてください。 今回も読んでくださった方ありがとうございました。.

(C) UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家で過ごすことになりました。 ただ、ローズは両親に彼氏が黒人であることを伝えておらず、「両親は差別主義者じゃないし、父は3期目があればオバマに投票するような人」だというが、クリスは若干の不安を払拭できずにいます。 それでもローズの実家に到着した2人を迎え入れてくれた彼女の両親は、クリスの不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けます。 しかし、黒人の使用人がいることに気がついたクリスは妙な違和感を覚えます。 その夜中、どことなく落ち着かないクリスは、ローズと共にしていたベットを抜け出し、煙草を吸いに屋敷の外に出ます。 すると、庭を猛スピードで走り去る使用人や窓ガラスに映った自分の姿を見つめる家政婦を目撃し、その恐ろしさにクリスは動揺します。 翌日のローズの亡き祖父を讃えるパーティに多くの知人が集まるが、なぜか白人ばかりで気が滅入ってしまうクリス。 その中に、唯一のどこか古風な黒人の若者を見つけたクリスは、その彼に話しかけます。なぜか会話がかみ合いません。 なぜか見覚えのある黒人の若者の写真をスマフォでさりげなく撮影すると、フラッシュが光った瞬間、その黒人の若者は鼻から血を流しながら急に豹変。 「出ていけ!」とクリスに襲い掛かってきます。 “何かがおかしい”と感じたクリスは、ローズと一緒に実家から出ようするが. 人気コメディアンのジョーダン・ピールがホラー映画の敏腕プロデューサーである. ローズの実家で嫌な思いをしたクリスは都会に戻ることに決めますが、帰る支度をしていると、たまたまローズの昔の写真を見つけます。 そこにはローズの元彼の写真が山のようにあり、その全員がなんと黒人だったのです。黒人と付き合うのは初めてだと言っていた彼女が実は黒人ばかりと付き合っていた過去を知り、クリスは気が気ではなくなってしまいます。 怖くなって急いで家を出ようとしたら、クリスはローズの両親と弟に囲まれてしまい、催眠術の合図によって身動きが取れなくなってしまうのでした。実はローズもグルで全てはクリスを捕まえるための罠だったのです。 一家の目的は黒人の頭に白人の脳を丸ごと移植させ、体を乗っ取ること。クリスは盲目の老人にオークションで落札され、老人の目が見えるようになるために体ごと捧げる生け贄だったのです。 ゲット アウト 解説 それだったら目の移植だけしたらいいじゃんと突っ込みたくなりますが、脳を移植して体ごと乗っ取る、というのがこの映画のユニークなところでしょう。 最後にローズが黒人の使用人の二人のことを「お婆ちゃん」、「お爺ちゃん」と呼ぶんですが、彼らもまた黒人の体を借りた、ローズの祖父母だったんですね。 ただ、手術のレベルが低いからか、お爺ちゃんとお婆ちゃんは結構なポンコツでしたね。あんな形で延命させて嬉しいかぁ?.

本作が優れているのは、練り込まれた脚本に加え、1本「黒人差別」という筋の通ったテーマ性がしっかり設定されていることです。作品の中で重層的に、執拗に繰り返し繰り返し表現されているのです。 ただ単に、現代のアメリカ社会での「黒人差別意識」をトレースしているだけにとどまらず、きっちりと歴史的な文脈を踏まえ、「黒人差別の歴史」も随所で表現しようと試みているのが凄いのです。 引用:Get Out - In Theaters This February - Official Trailer - YouTube 例えば、ローズの母親ミッシーがクリスを催眠術にかける時に使ったアイテム「紅茶」や地下室に拘束されたクリスが破れたアームレストの中から掴んだ「綿花」。両者とも、長年、白人がプランテーション農業において、奴隷労働を強いてきた作物の代表格であり、アメリカ有史以来の「黒人差別」の歴史をさらっと踏まえたメタファーが試みられています。 さらに、アーミテージ家を訪問したクリスがテラスで振る舞われた「アイスティ」。白ワインとかコーヒーとかじゃなくて、あれっ、なんだろうこの飲み物?とか思いませんでしたか. 『ゲット・アウト』()で描かれた事の真相はこうでした。 裕福な白人の中には、身体能力の高い黒人のポテンシャルを欲する者がいました。 彼らは、能力の高い黒人に目を付け、彼らと自分達の脳を交換しようと企てます。 アーミテージ家は黒人を手に入れるための実行部隊。 家族ぐるみで黒人を家に連れ込んでいきます。 そして、催眠術をかけて洗脳し、脳を交換手術してしまうというやり方でした。 また、親睦パーティーは、黒人の体を欲する白人達がオークションを行う場だったのです。 ゲストはみな、クリスが"良い素材”かどうかじっくり観察していました。 ディーンはオークションを実施し、競り落とした人間がクリスと脳交換する権利を得るのです。 ローズがクリスと付き合っていたのも、クリスを実家に連れ込み催眠をかけるため。 アーミテージ家がおかしいと、クリスはローズに言い続けてきましたが、ローズも異常者でした。 最初からだまされていたクリス。 拘束され、手術の日を迎えた彼は、一瞬の隙を突いて家を脱出します。 最終的にアーミテージ家の人間はみな死に、助けに来た友人ロッドと共にこの場を離れました。 このように、異常性この上ない本作。 信じていた者に最初からだまされていたクリスのショックは、到底想像できるものではありません。 さてここからは、本作に散りばめられた伏線をみていきます。 アーミテージ家の秘密に関するものや、黒人差別問題に関するものが各所で見られる本作。 以下、伏線となっている部分を紹介していきます。. ジョーダン・ピールの初監督作品だった『ゲット・アウト』()。 初作品にもかかわらずその評価は非常に高く、数々の賞にノミネートされ、受賞してきました。 ここでは、賞コンペなどの客観的評価及び、私の私見を述べていきます。. ゲット アウト 解説 映画あらすじの要約チャンネル「マッハ映画」へようこそ! 今回はサスペンス映画「ゲット・アウト」のご紹介です。気になった方はぜひ映画を. 米国社会に潜む黒人差別問題をテーマにした異色のホラー映画『ゲット・アウト』。 自らも黒人であり、コメディアンとして活躍しているジョーダン・ピール監督による本作は、低予算ながらも、アメリカでは公開初登場で興行収入ランキング1位を記録。. 。. . 黒人青年が催眠をかけられ、追い込まれていくスリルを描いた『ゲット・アウト』()。 まずはじめに、本作のタイトルは本編に出てくるセリフをタイトル化したものです。 クリス達がアーミテージ家に来た日の週末、家では親睦パーティーが開かれました。 パーティーに来る人間はみな典型的な白人だと、ため息をつくローズ。 クリスは我慢すると言って、パーティーに出ることにします。 予想通り楽しめないクリス。 しかし、黒人の来客がいることに気づいたクリスはフランクに話しかけます。 ローガン・キングと名乗るその男は、確かに黒人でした。 ただ、恰好は黒人らしくなく、別れの挨拶も拳を出したクリスに握手で返すローガン。 ゲット アウト 解説 ローガンの振る舞いは、クリスにとって違和感の塊でした。 父親ディーンに呼ばれ、ゲストを紹介されるクリス。 ゲストの1人から質問された彼は、通りかかったローガンを見つけ、答えてやってくれと話を振ります。 しかし、ローガンは答えに窮してしまうのです。 そんなローガンを、持っていたスマホで写真を撮るクリス。 すると彼の様子が一変、クリスに掴みかかり、こう言います。 本作は、ローガンが叫んだこの言葉が、作品を象徴するものとしてタイトルとなっているのです。 ゲット アウト 解説 なぜならこのセリフには、作品に重要な要素が二重の意味で掛かっているため。 二重の意味については、以下、それぞれ解説していきます。.

See full list on blog. 。 アメリカ・ニューヨーク州ニューヨーク。 26歳の若い黒人男性クリス・ワシントンは、カメラマンでした。アフリカ系アメリカ人です。 恋人の若い白人女性ローズ・アーミテージとの仲も良好で、次の週末に両親に会わせたいと言われています。 クリスが心配なのは、ローズが両親に「恋人が黒人だ」と告げていることでした。ローズは話しておらず、「その必要がある?」と聞き返します。 黒人差別は遠い昔のことで、今は黒人が大統領になる時代でした。 「私の父は、オバマに3期目があったならば間違いなく投票してるくらいのファンだ」 そう言われて、クリスは少し安心します。 車に乗り込んだクリスは、助手席で親友のロッド・ウィリアムスに電話をしました。 ロッドはTSA(アメリカ合衆国運輸保安庁)に勤務する警備員で、クリス同様に黒人です。クリスは旅行のあいだ、飼い犬のシドの世話をロッドに頼んでいました。 ロッドは「白人女の実家には行くもんじゃない」とアドバイスしますが、もう向かっている途中です。 道中、ローズが動物を轢きました。車を止めます。 轢いた動物はシカでした。車道脇の奥の茂みで動けなくなっており、それを見たクリスはどうすればよいか分からず、動物管理局へ通報し、警官がやってきます。 警官は運転していたローズだけでなく、助手席にいただけのクリスにも身分証を提示するよう要求しました。ローズはそれを「必要ないでしょ」とかばいます。 ローズの実家は、ポンタコ湖地区の山奥にありました。豪華な屋敷です。 茶色のレンガに茶色の屋根の広い屋敷に通されたクリスは、ローズの両親に紹介されました。 父はディーンという名で、神経外科医をしています。母はミッシーという名で、精神科医でした。 庭には庭師らしき黒人男性・ウォルターがおり、じっとクリスを見ていました。 屋敷内には使用人らしき黒人女性・ジョージナがいます。 歓迎した父. 」(1995〜)では5シーズン連続でレギュラーを務めます。. See more results. ゲットアウトをネタバレ解説!傑作ホラー映画のあらすじや伏線・結末は? 第90回アカデミー賞脚本賞を受賞したジョーダン・ピール監督のホラー映画作品『ゲットアウト』はもうご覧になりましたか?. 分かり合えない者とは関わらない方がよいというのは、万国共通の認識でしょう。 腫れものに触れまいと、両者は徹底的に線引きをするのです。 白人と黒人の問題もまた、これと同様のことが当てはまります。 線の内側で自尊心を肥大させながら、同時に自虐的でもあるという、二律背反。 それでも、互いに交わらなければならないときもあるでしょう。 このとき、両者は共に"外面”という盾を作り上げます。 『ゲット・アウト』()は、盾のしのぎ合いが最悪の結果に進むケースを描いた作品。 注意深さと皮肉さを持って見れば、一層奥深く楽しめる一作です。 本作の他にもホラー映画のおすすめを紹介しています。 とにかく怖い!最恐ホラー映画の人気・おすすめランキング!!【名作・最新作】. そして、このエンディングを選んだことが監督が本作で表現したかった主題に大きく関わっているのではないかと思いました。 本作で描きたかったのは、2つの主題ではないか?という風に私は推察しました。. (C) UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved 映画「ゲット・アウト(GET OUT)」予告編より引用 今度はまさにクリスが「催眠術」にかけられるあのシーンを解説していこうと思います。 この場面においては、カップをティースプーンでステアする音が非常に重要な役割を果たしています。おそらくこの場面で、ミッシーはクリスの脳内にトリガーのようなものを作ろうとしています。 つまり、カップをステアする音とクリスの母の死をリンクさせようとしています。さらに言うなれば、”SUNKEN PLACE”のシーンがまるでクリスがテレビを見ているような構図になっていたのも関係しています。 クリスにとって母親の死とテレビは大きく関係しているものです。クリスはテレビで放送している自分の母親のニュースを見ていたのに、何もできなかった、何もしなかったのです。そのため暗い部屋で一人テレビを見るあの頃の自分がフラッシュバックしています。 そして「カップをステアする音=母親の死=テレビ」というリンクが出来上がります。 またこの「催眠術」に一度かかってしまったがために、クリスは.

北米版Blu-rayで英語音声のみでの鑑賞になったので、1回目はとりあえず話についていこうと必死に英語を聞き取っていたので、ただただ物語に翻弄されるばかりでした。しかし、物語の本筋を理解した上で、2回目を見直して見ますと、実に緻密に計算された脚本設計がなされているということが分かりました。 そうなんです。実は本作って、北米の大手批評家レビューサイトのRotten Tomatoesでなんと99%の批評家から支持を得ているんですね。こんな作品ってそうそうないですよ。 com/m/get_out/より引用 しかし、いざ鑑賞してみると、この評価にも納得できてしまう出来なんですよ。アメリカの歴史や社会を作品に反映させつつ、それでいて作品として面白いのです。本作には黒人差別が関係しているというのは、前情報でも繰り返し言われています。ただ、本作で扱われているのは、もっと根深い部分です。見終わった時、身震いしてしまうほどでした。 公開された暁には、ぜひ映画館で楽しんでいただきたいと思います。 *ここからの内容はネタバレを含む内容です。未鑑賞の方は、これより先を読まないことをお勧めします。 スポンサードリンク *ここからの内容はネタバレを含む内容です。未鑑賞の方は、これより先を読まないことをお勧めします。. この映画をご覧になった方は、本作のキーになっているのが、「催眠術」であることは理解できたと思います。では気になるのが、一体どこからが催眠術だったのか?ということですよね。 察しの良い方は、ミッシーが夜目覚めたクリスを部屋に招いて、あの場で「催眠術」が始まったわけではないことを理解しているかもしれません。 実は、本作の「催眠術」は、ローズとクリスの車が鹿にぶつかった時に、始まったと言えると思います。. 本作は、まず純粋にストーリーそのものが面白いです。序盤~中盤こそ、いわゆる低予算系脱出・脱獄ホラー映画に典型的な展開で進みます。すなわち、許嫁のローズと結婚前の挨拶にアーミテージ家を訪れた黒人の主人公・クリスが、アーミテージ家で様々な不可解な出来事に遭遇するうち、囚われの身になっていくという展開ですね。 笑いながら泣く!怖すぎる使用人ジョージナ 引用:Get Out - In Theaters This February - Official Trailer - YouTube 中盤までは、主人公クリスが、アーミテージ家のメンバーや、そのゲスト達の言動の異常性を目の当たりにするたび、鑑賞者である我々もなんとなくゾクゾクッとする薄ら寒さを感じ・・・といった感じで、ホラー映画らしい気味の悪さが積み重なっていきます。 いわゆるサイコパスに追い詰められる、密室モノ猟奇殺人系なのかな・・・?と思って見ていると、終盤の入り口に差し掛かったあたりからがすごかった!ここから、意外性あふれる怒涛の展開へ進んでいくんです。 実は、許嫁のローズも含め、アーミテージ家のメンバーは家族ぐるみで伝統的に黒人. ゲット・アウト最大のネタバレは黒人に目を付けて、屋敷に誘い込み、白人の脳を移植して、永遠に優れた肉体を手に入れようという試みです。 これ自体も十分楽しみに値する設定ですが、本作で伝えたいのは、根底に流れるレイシズム(人種差別)の話. . ある晩、夜道で恋人と携帯で話しながら歩いていた黒人男性が何者かに襲われ、誘拐される。それは明らかに彼を狙った犯行だった。 数ヶ月後、黒人の写真家クリスは恋人のローズとローズの実家を訪れようとしていた。ローズの実家は田舎にあり、そこは黒人が少ない地域だった。 二人はまだ付き合いだして数ヶ月。クリスは自分が黒人であることを相手の家族が知っているのかどうかを気にしていたが、ローズは両親は人種差別主義者ではないから全く問題ないとクリスを安心させるのだった。 ところがいざ家に着くと、ローズの両親の使用人は二人とも黒人で、まるで奴隷時代のような異様な風景があった。 クリスはローズの実家に着いたその晩にローズの母親から催眠術をかけられ、地面の奥底に沈むような感覚を覚え、悪夢と共に目を覚ます。 やがて裕福そうな来客たちが大勢やってきて、貴族の集いがスタートする。来客のほとんどが高齢の白人ばかりで、彼らはどこか差別的でクリスを品定めするように見つめるのだった。 居心地の悪さを感じたクリスは、その晩にローズに都心に帰ることを提案する。ところクリスが家を出て行こうとすると、ローズの家族が彼を取り囲み、、、、。.

・2018年9月公開の「音を立てら即死モノ」の『クワイエットプレイス』を徹底的に分析! ・パソコンのモニター上で進行する画期的なミステリー映画『search/サーチ』 ・アメリカの黒人史・先住民史のコンテクストが反映された衝撃のホラーミステリ. 翌日、アーミテージ家でパーティが開催されます。招待客が集まり、みんなクリスに親しげに話し掛けてきます。招待客のほとんどが白人であり、自分に対する態度に気持ち悪さを感じたクリスは気が滅入ってしまう。盲目の画商であるジム・ハドソンも招待客の白人の1人で、ジムはクリスの目を羨ましく思っていた。そして黒人の招待客であるローガン・キングは、年上の妻である白人女性と参加していた。クリスはローガンに対してもジョージーナやウォルターのような不自然さを感じていた。クリスは運輸保安局で働く友人ロッドに催眠術などの不可解な体験を相談します。ジョージーナには携帯電話の充電を切られたりもします。ロッドは、白人はクリスをセックスの相手として利用するだけだ、と警告します。そして、ローガンの写真を撮って送るように言います。そこで、クリスがローガンの写真を撮ると、ローガンは逆上し「Get out 出て行け!」と叫び、クリスに襲いかかってきました。ローガンはミッシーの部屋に連れていかれ、催眠術によって落ち着きを取り戻します。不可解な出来事が続き何かがおかしいと感じたクリスはローズと共にパーティから離脱し、もう帰ろうと話します。その頃パーティでは、なぜかクリスの写真を使い、謎のオークションが行われています。そして盲目の画商であるジムが落札するのだった。クリスはローガンの写真をロッドに送ります。するとロッドはローガンを知り合いのアンドレという行方不明の男では?と疑います。クリスが帰り支度をしていると、ローズがローガンを含む多くの黒人男性や、ジョージーナと一緒に写った写真なども見つけ、ローズの行動について疑いを持ちます。クリスは急いで逃げ出そうとしますが、アーミテージ家族に阻止されます。ローズは車の鍵を渡さず、ジェレミーには襲い掛かられ、そしてミッシーにより催眠術にかけられクリスは眠りに落ちます。.

ゲット アウト 解説

email: webygez@gmail.com - phone:(163) 926-4371 x 9310

ジェ フェリーズ ベイ -

-> わたし は ダニエル ブレイク
-> K store 韓国 ドラマ

ゲット アウト 解説 - ナンバー


Sitemap 1

前売り 券 使い方 - あらすじ フレンド